男性ホルモン注射の気になる値段について

男性ホルモンは20代前半がピーク

男性ホルモンは別名「アンドロゲン」とも、呼ばれています。
その部分の大半を占めるのは、「テストロテン」というコレステロールを基にして作られたホルモンです。
その効果は非常に強く、身体的な特徴を男性的にするだけにとどまりません。
記憶力や集中力のアップや、モチベーションの増強にも役立つと言われています。
精神を安定に保ち、アンチエイジング効果もあると言われているものなら、ぜひ取り入れたいと考える男性も多いはずです。
さらに、この「テストロテン」が多い男性は生活習慣病にかかりにくい、というデータも存在します。
健康面からも、摂取することは好ましいことと言えるでしょう。
ところが、この「テストロテン」の分泌は10代後半から20代前半にピークを迎えます。
その後の中高年の年代になると、減少してしまうのです。
そのため、男性ホルモンを増やしたいと考える男性が巷では増加傾向にあります。
筋力トレーニングや糖分・炭水化物の摂取量を減らすなど、方法は複数ありますが「注射で直接ホルモンを摂取する」という方法も注目を集めているのです。
注射による接種は、別名「テストロテン補充療法」とも呼ばれています。

男性更年期、男性ホルモン(テストステロン)低下で起こる。
男性はテストステロンが20代をピークに減り続けるので更年期に終わりがなく、70歳でもそれほど減らない人、40代でも激減する人がいる。
ストレスが多い人は減りやすい。
なるほど。
「リビング」横浜東版より。

— tiitton (@tiitton) January 30, 2011

男性ホルモンは20代前半がピーク男性ホルモン補充の値段は?保険適用と自費治療に分かれる治療内容